×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

粒子 /あいき 曖気 名詞

粒子 /あいき 曖気 名詞
アドワーズ
Google Earth Google ツールバー Google Scholar
慶応大学
東大
ハーバード

googlelabs
粒子 /あいき 曖気 名詞

レビュー 自動車保険
個人向け自動車保険
ノア 自動車保険
キューブ 自動車保険
エクストレイル 自動車保険
ウィッシュ 自動車保険
ノ−ト 自動車保険
ノート 自動車保険
ヴォクシー 自動車保険
ワゴンr 自動車保険
ランサーエボリューション 自動車保険
クルー 自動車保険
ボルボ 自動車保険
フォード 自動車保険
ekワゴン 自動車保険
is 自動車保険
アイ 自動車保険
スマート 自動車保険
自動車保険 安くしたい
自動車保険 変えたい
センチュリー 自動車保険
アイシス 自動車保険
ad 自動車保険
ロゴ 自動車保険
エリシオン 自動車保険
パートナー 自動車保険
エキスパート 自動車保険
エスティマハイブリッド 自動車保険
クル− 自動車保険
mg 自動車保険
kei 自動車保険
マイバッハ 自動車保険
ミュー 自動車保険
シグマ 自動車保険
azオフロード 自動車保険
ク− 自動車保険
プレジデント 自動車保険
hs 自動車保険
自動車保険10
虫酸
粒子
植物


粒子 /
あいき 曖気 名詞



粒子
/あいき 曖気 名詞






粒子 /
あいき 曖気 名詞


エンジンの排気により、空気中の水分が増加し飽和水蒸気量にまで達する場合がある。結果それが凝縮し水滴、氷になり雲となる。航空機の燃料として、レシプロエンジンの場合はガソリン、ジェットエンジンの場合は灯油をベースとしたケロシンが使われる。いずれも主な成分は炭化水素であり、炭素は燃えて二酸化炭素になり、水素は水となる。水の量は燃料の量とほぼ同じであり、それが熱せられて水蒸気として放出される。もともと存在する水分と合わせてこれが水滴になり、さらに高高度の低温の下で氷結して飛行機雲となる。このため、中緯度地域では5000m〜13000mの高度に存在していることが多い。

エンジンが4つある飛行機(ボーイング747、エアバスA340など)からは4本の雲が出るが、左右2本ずつがまとまって2本しか出ていないように見えることがある。航空機の機種を知る手がかりにしようとする場合は注意が必要である。